ヴィトンの長財布:2016サマーデザイン

ヴィトンの新作が続々でてますね。
2016年夏のモデル、2016サマーモデルですが、
ピンク系の色合いのかわいいデザインになっています。

長財布もおしゃれな感じです。

長財布 2016サマー デザイン


Yahoo!ショッピングでも、いろいろなものがあって、迷っちゃいます。
バックパックなんかもいいなぁって思ってます。

ルイヴィトン新作バッグ ヴェローナ


久しぶりにルイヴィトンの新作バッグを見つけました。
ダミエシリーズのヴェローナです。

サイドのギャザーがポイントになっていますね。
ヴェローナには、ヴェローナPM、MM、GMの3種類のサイズがあります。

一番小さいサイズはPMになりますが、大きさは、28cm×22cm×15cmで、小振りなので普段使いのショルダーバッグとして最適です。

キーカバーがアクセントになってます。
バンドーやバッグチャームなどで個性を出すのがおすすめなんだそうです。

中くらいのサイズだとMMで、30cm×26cm×18cm、
一番大きいサイズだとGMで、42cm×32cm×22cmの大きさになってます。

GMくらいのサイズだと、ちょっとした旅行バッグとしても使えそうです。

このヴェローナシリーズのバッグのショルダーストラップは長さ調節可で、取り外し可となっています。
内ポケットもあるので重宝しそうですね。

マヒナL

マヒナLが新作バッグとして公式サイトに出てました。

最近、ヴィトンの公式サイトを見ることが少なくなってたんで、いつ新発売されたバッグなのか、よくわかってません^^;

マヒナLのバッグの大きさは47cm×43cm×15cm。
Lというだけあって、ちょっと大きめですね。

マヒナシリーズはやっぱり高級感あります。

色合いも地味といえば地味なんですが、それが高級感を増している感じがします。
新色なのか、アカジューという色を初めて見ました。
薄めのこげ茶色です。
どんなファッションにもシンプルに合いそうな感じの色ですね。

私は汚れが気にならないなら、グリ(白から薄いグレーの色合い)もいいかなって思っています。

新作ベルヴューPM、ベルヴューGM新発売

ヴィトンからベルヴューPMが発売されました。
春夏の新作になるようですね。



ベルヴューPMのサイズはW38(上側)23(底側)cm×H23cm×D18cmで、シンプルなデザイン。
シンプルだから飽きがこなさそうです。
バッグは普段使いにもできそうな、カジュアルな格好でも合いそうな、というようなそんな感じですから、気取らずにヴィトンを楽しめそうです。


ベルヴューPMの色は、ローズ・ポップ(ピンク)、オレンジ・サンセット(オレンジ)、ブルー・ニュイ(青)、ヴェール・ブロンズ(茶系)、ポム・ダムール(赤)、そしてアマラント(紫)の計6色です。


ベルヴューにはPMのほかにも、ベルヴューGMが発売されています。
こちらは4色展開のみ。
ブルー・ニュイ(青)、ヴェール・ブロンズ(茶系)、ポム・ダムール(赤)、そしてアマラント(紫)です。




こちらはモノグラムミロワール、ベルヴューPMのゴールドです。
激レア品なんだとか。
商品写真はこちらから
あまりのキラキラ感にビックリです。





2009年新作 モノグラムローズ

ルイヴィトンの新作、モノグラムローズシリーズが発売になっていますね。

モノグラムローズは、その名のとおり、モノグラム生地のバッグに、バラの花の絵がデザインされています。
バラの絵はシルクスクリーンプリントです。
ただのモノグラムには飽きたとか、奇抜なデザインの新作バッグが欲しいといった方にはきっと好まれることでしょう。


ルイ・ヴィトンの公式サイトで出ているモノグラム・ローズのシリーズには、スピーディ30、ネヴァーフルMM、ポシェット・アクセソワール、キーポル50です。


キーポルはスピーディに形がよく似ていますね。
キーボルと間違えそうになりましたが、キーポルが正しいんですね。


2009年春の新作ということになると思いますが、モノグラムローズのほかにも、次の新作として、モノグラム・グラフィティが待っています。
小物もあるので楽しみに待ちたいですね。



ボーリング モノグラム・エトワール

ルイヴィトンの新作バッグ、モノグラム・エトワール。
ショッパー モノグラム・エトワールボーリング モノグラム・エトワールの2種類が新作バッグとして登場です。


モノグラム・エトワールは、モノグラムラインとしては珍しい、キルティング生地のように、ミシン目が入っているようなデザインです。


ショッパー モノグラム・エトワールのサイズ、大きさは41cm×27cm×15cmなので、だいぶ奥行きがあって、見た目よりもたくさん入りそうです。
ショッパーっていうと、モノグラム・デニムのフラットショッパーを思い出してしまうんですが、デザインは違ってます。
デニムとモノグラムなので、生地はもちろん違います。
フラットっていうんじゃないんで、全然違うといったほうが正しいかもしれません。
お値段高めの定価411,600円。
値下げ価格なのに、高級感たっぷりです。


ボーリング モノグラム・エトワールのサイズは32cm×20cm×18cm。
モントルグイユにもちょっと似てる感じです。
定価は347,550円で、やっぱり高いですね。







ルイヴィトン 値下げ

ルイヴィトンのレザーグッズ、アクセサリー、革小物、洋服(プレタポルテ)、シューズ、時計(ウォッチ)、ジュエリーが値下げされます!
ルイヴィトンのこれらのアイテム値下げは、11月29日・・・今日から。
E-ショッピングって言っている、オンラインショッピング(インターネットでの通販)の値下げは、8時くらいまでには終わる予定なんだそうです。


値下げ額は平均で7%程度。
7%っていったら、1万円で700円です。
結構値下げ幅、大きいですよね!


2008年5月のときの価格改定(値上げ)は、平均1.5%ほどでしたから、それよりも、断然安く購入できることになりますね。


急激な円高のせいなのかとも思いますが、値下げしてもらえるのは、とっても嬉しいことですね。
とりあえずは、価格改定後の価格を見てみることにします。



オデオンPM、MM、GM

オデオンという新作バッグがモノグラムラインから登場しましたね。

2008年10月31日から日本橋高島屋店や銀座松屋店で先行販売していたようですが、全国のルイ・ヴィトン ストアでは11月14日から発売開始のようですね。
ネットショップでも売り切れ続出の新作バッグですので、手に入れられた方はラッキーです。
今はまだ激レアバッグなので。


オデオンはショルダーバッグで、サイズによって、オデオンPM、MM、GMの3種類があります。
オデオンPMが一番小さく、GMが一番大きいです。
オデオンPMのサイズは29cm x 26cm x 5cm。
MMで33cm x 31.5cm x 5.3cm、GMで37cm x 35cm x 5.5cmです。
厚くないショルダーバッグでバッグ上部のファスナー部分が丸くカットされているので、カラダにジャストフィットって感じでしょうか。


オデオンの定価は11月12日現在で、PMは87,150円、MMは102,900円、GMは134,400円です。
お手ごろ価格なのはやっぱりオデオンPMですね。
セカンドバッグがわりに使うのであれば、オデオンPMはちょうどいいサイズかもしれませんね。
使い勝手からいったら、中間のサイズのMMもいいかもしれません。



ダミエのテートPMとテートGM

ルイヴィトンから新作バッグが発売されました。
ダミエラインの テートPMテートGM です。
さすがにルイヴィトンの新作情報が早く手に入っている友達は、調べまくってました。


テートPMのサイズはW34×H21×D10cm、ストラップの長さは47.5〜52.5cmで、テートGMのサイズはW40×H26×D10cm、ストラップの長さは47.5〜52.5cmです。
大きさは違いますが、テートGMもPMもストラップの長さは同じですね。
ちょっと短めかなっていう気がします。
肩にかけたいけれど長いのはイヤという方にはちょうどいいサイズですね。


テートPMとGMは、丸みのあるバッグです。
バッグの上部、ファスナーになっている部分の中央がへこんだような形になっているので、身体にフィットしますね。
平面の方向には大きいものが入りますが、奥行きがあまりないので、多くのものを入れるには向いていないかもしれません。
バッグの中は赤色です。





09年春夏パリ・コレクション閉幕

ルイ・ヴィトンの09年春夏パリコレが10月5日で終わります。
約1週間でいろいろなブランドが新作を発表するんですが、やっぱりパリコレで発表されるデザインは一般の人には到底着れるデザインではないですよね。


パリコレは、何年か前から写真クリップを見ていますが、ルイ・ヴィトンはどちらかというと派手目ですよね。
どちらかとはいわなくても、派手ですね。


09年春夏のパリ・コレクリョンでは、ミュウミュウやランバン、エリー・サーブ、ジョン・ガリアーノ、エルメス、クロエ、ケンゾー、シャネル、カステルバジャック、ヴァレンティノ、リュドゥマイユ、アレキサンダー・マックイーン、ステラ マッカートニー、セリーヌ、ズッカ、ベルンハルト ウィルヘルムなどが新作を発表していました。


ルイ・ヴィトンには新作バッグや限定バッグを持って登場して欲しいといつも思っているのですが、やっぱり今回も新作バッグの登場は少なめのようです。
派手目ではない、しっとりした感じのデザインバッグが見えましたが、あれは新作バッグなのでしょうか?
それとも限定バッグ?
限定にもならない、パリコレ専用のバッグなのかしら?
いずれにしても、新作バッグが待ち遠しいです。



ルイヴィトンの09年春夏のパリコレ

ルイ・ヴィトンの09年春夏パリコレが10月5日で終わりになりますね。
今回のパリコレは、ミュウミュウやランバン、エリー・サーブ、ジョン・ガリアーノ、エルメス、クロエ、ケンゾー、シャネル、カステルバジャック、ヴァレンティノ、リュドゥマイユ、アレキサンダー・マックイーン、ステラ マッカートニー、セリーヌ、ズッカ、ベルンハルト ウィルヘルムなどが新作を発表していました。


ルイ・ヴィトンはオレンジ系の色あいが多かったような気がします。
他のブランドから見て、やっぱりちょっと派手というか、目立つというか、奇抜というか、そんな感じでしたね。
写真クリップを見ただけですが、やっぱりルイ・ヴィトン!っていう感じの、独特な雰囲気。
ヘアデザインは意外にシンプルでした。


新作バッグを持っている写真があんまりなかったですね。
新作バッグ、あんまり派手でないものを期待しているんですが。
そういえば、モノグラムをベースとして、色が派手なものが最近のパリコレでありましたね。
いつだったかな。




新作!マノンPMとマノンMM

ルイ・ヴィトンのモノグラムミニランラインから、新作が発表されてます。
マノンPMとマノンMMです。


モノグラムミニランは全部で4色の色があるんですが、このマノンPMとマノンMMには1種類の色しか見当たりません。
エベヌ,デュンヌ,ブルー,ローズのうち、エベヌだけです。
私が見落としていたのかしらと不安になってます。


モノグラムミニランには、もともと4色すべての色がないバッグもあるので、エベヌしかないっていうのもありえるんですが。
ちなみに、 エベヌは黒(ブラック)、デュンヌは白(ホワイト)、ブルーは青、ローズはピンクですが、マノンPMもマノンMMもエベヌの黒だけのようです。


モノグラム・ミニ・ランのシリーズは、ジーンズに合いそうなバッグが揃っていますね!
カッコよく決めたいものです。




サック・プラの限定品

サック・プラに限定品が出ましたね。
ファブリツィオ・プレッシとのコラボバッグです。
サック・プラの限定品といえば、モノグラム チェリーが思い浮かぶんですが、今回の限定品はちょっと感じが違いますね。


サック プラは、モノグラムとダミエにありましたが、今回のファブリツィオ・プレッシとのコラボバッグは、エピラインからの登場のようですね。
LVロゴがなんともリッチな気分になりそうな、そんなしっかりしたバッグに見えます。
エピはもともとしっかりしている素材ですので、お仕事用に使えるかもしれませんね。
書類を入れても折れ曲がったりしなさそうですし、重宝しそうです。



サック プラは縦型のバッグで、36.5×38×9cmのサイズです。
持ち手が小さく、腕にかけるくらいならできるんですが、肩にかけることができないようです。
そこがちょっと残念なんですけど。
でも、エピラインのバッグなら、しっかりしているので長持ちしそうです。



ネヴァーフルとバティニョール

ルイヴィトンの公式サイトをなんとなく眺めていたら・・・。
ネヴァーフルバティニョールって、バッグの形が似てますね。
バッグのサイドのアジャスターっていうのか、幅を調節する金具というのか、そのあたりは違うし、バティニョールはバッグの四隅にヌメ皮の飾り(?)がついているので、カチッとした感じなのですが。
でも、ホント、よく似ているバッグだと思います。


特に、ネヴァーフルGM
バッグの幅を調節できるようにヒモがついてますが、これを引っ張った形は、ホント似ています。


ルイヴィトンのバッグって、特にモノグラムラインのバッグは、定番っていえば定番バッグですよね。
ネヴァーフルPM、MM、GMとバティニョール、バティニョール・オリゾンタルやバティニョール・ヴェルティカル、ボブールなど、シンプルな形のものが好まれているようですね。
でも、ティヴォリやガリエラも、モノグラムラインでは珍しい形だっていうことで、目立ち度はアップしているようです。






ルイヴィトン ネヴァーフル

ルイヴィトンのバッグに、ダミエラインから新作バッグが出ました。
新作バッグはネヴァーフル
シンプルなデザインのバッグです。


ネヴァーフルは最近発売された、タイシエンヌやボブールのようなシンプルなデザインで、トートバッグっていう感じです。
ネヴァーフルにはエベヌ(茶色系)のダミエしかありません。
ダミエは色違いの四角の模様が交互に配置されている模様です。
ネヴァーフルにもアズール(白色系)が出るといいなと思います。


ルイヴィトンのバッグというとモノグラムラインが一般的なんでしょうね。
ルイヴィトンを象徴する、あの模様です。
最近はタイシエンヌのようなこんな模様もありますし、ダミエの四角模様もあります。
ルイヴィトン=モノグラムラインの模様っていうわけではないのですが、パッと見、せっかくルイヴィトンを持っているのにルイヴィトンだって思ってくれない人がいると残念がることもあるようで。


ネヴァーフルが新しく発売されたので、ダミエの四角模様も一般的になるといいですよね。
ネヴァーフルはネバーフルではないのでご注意を。
ダミエ ネヴァーフルが正しい表記ですね。




ルイ・ヴィトンの価格改定(値上げ)

ルイヴィトンの新作バッグ、マヒナ、ガリエラ、ボブール、タイシエンヌと続々と発売されましたね。



2008年の春向けの新作バッグとしてはガリエラ、ボブールといったところ、2008年の夏向けの新作バッグとしてはタイシエンヌになりますよね。


ルイヴィトンでは新作バッグの発売が続いていますが・・・。
2008年5月16日(金)より、価格が改定されます。
一部のルイヴィトン製品を値上げということになっていますが、平均1.5%ほど値上げになるようです。


予約していたバッグなども、この価格改定によって値上げになります。
予約していたのが4月でも、実際に購入する日が5月16日以降だと、新価格が適用になります。
バッグなどを予約していてもう届いているのであれば、購入するのが5月15日までなら今までの価格、5月16日からは新価格での支払いとなるということです。
もしも早く購入できるのなら、価格改定前に買ったほうがお得です。




タイシエンヌ 人気ありますね

タイシエンヌ、人気ありますね。
タイシエンヌは夏のバッグとして選ぶ人が多いようですよ。


ポブールとかガリエラは、ルイヴィトンの新作バッグとして登場してから人気があるんですよね。
口コミとかを見てても、お手ごろ価格というのが理由のようです。
マヒナとかは高級感もあるし、さわり心地とか、特別いいようですが、お値段が・・・。
ボブールやガリエラは、シティバッグとかお仕事用バッグとして使い始める方もいらっしゃるようですよ!


タイシエンヌはそういったお仕事バッグとかっていう使い方なのではなく、カジュアルとしての人気が高いようです。
だって、夏物バッグ!って感じですものね。


タイシエンヌPMは、バッグとしては大き目のほうだと思うので・・・タイシエンヌGMならなお大きいですが・・・何でも入れてお出かけも可能かと。
いい感じで柔らかい色合いですしね。




タイシエンヌPM、タイシエンヌGM

タイシエンヌPM、タイシエンヌGMがルイ・ヴィトンの新作バッグとして登場しました。


タイシエンヌPMとGMは夏のリゾート地に合うようなバッグ。
大きなサングラスと白い帽子に合いそうな新作バッグです。
タイシエンヌのデザインは1942年のカタログの表紙を元にデザインされたモノグラムパターンなんだそうです。
モノグラムラインの模様とは違ったポップな感じのバッグです。


夏のリゾート地っていったらやっぱり海?
それとも軽井沢とかの避暑地?
どっちのリゾート地でもタイシエンヌのバッグは合いそうですね。


タイシエンヌにはPMとGMがありますが、どちらも最近のルイヴィトンのバッグには多い「プレート」がついています。
タイシエンヌGMのサイズは53×35×21cmなので少し大きめのバッグ。
小旅行なら十分間に合うサイズですね。


タイシエンヌPMの定価は128,100円。
タイシエンヌGMの定価は148,050円です。



ガリエラPM、ガリエラGM

ガリエラPMガリエラGMがルイヴィトンから新作バッグとして登場します!
ガリエラPM、GMは2008年4月上旬発売予定です。


ガリエラPM、GMのデザインはかなり丸っぽいです。
サイズは大きめなバッグで、ショルダーバッグにはできないですが、ジーンズにも合いそうなカジュアルな感じ。
バッグの表面には2本のラインが入っていて、ちょっと今までにはないデザインですね。


ガリエラPM、GMは、モントルグイユPM、GMの後に出たモノグラムラインの新作バッグということになるのかな?ガリエラPM、GMが大きめバッグなので、小物がいろいろ入りそうです。
柔らかい感じのフォルムに仕上がってます。
内ポケットも3つあるのがいいですね。


ガリエラPMのサイズは、42×29×17cm、ガリエラGMは54×34×20cm。
大きめサイズはシティバッグだけでなく、旅行用にもできるかな。
ガリエラPMの定価は149,100円、ガリエラPMの定価は173,250円です。
大きさのわりにお値段抑え目です。



ルイヴィトンの08年秋冬のパリコレ

ルイヴィトンの2008年秋冬のパリコレが終わりました。
2008年秋冬のパリコレって、08〜09年秋冬パリコレクションが正式名称になるのかな。
どんな新作ファッションが出てくるだろうと、かなり期待していました!


2008年春夏コレクションでは、ルイヴィトンの象徴ともいうモノグラムのバッグが、黄色、ピンク、紫、緑色などの色にカラーリングされてましたよね。
ルイヴィトンのモノグラムに奇抜な色が付いてる!って思ったんです。
なので、今度はどんな色なのかなとちょっと期待もあったんですが。
秋冬ということもあってか、モノトーンに近いような色の、落ち着いた色が多かったです。
でも、特殊なカッティングを入れたりして、幾何学的なシルエットを作っていましたよ。


2008年秋冬のファッションはちょっとゆったり系なのかな?
でも、ニナ・リッチも出ていましたが、すっきりとした感じのファッションでしたね。
どういう展開になるでしょう。


2008年秋冬の新作バッグはどんな感じのバックが出てくるでしょうね!
やっぱりパリコレみたいなシックな色でしょうか・・・。
モノグラム人気がまた高くなるかもしれませんね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。